小さいころから即興演奏に触れることをおすすめする訳は?

正確なリズムをとること、拍子泊数の理解、音符の理解、絶対音感…。
これらは、出来るだけ早い時期から子供の内から身につけさせたい、
と、お母さんは願っていることと思います。
即興演奏のすすめ01の写真 確かに早く教える事は大事ですが、
同時に気をつけてあげる大事なことがあると、
私たちは考えています。

それは
音たちとの出会い方です。

音たちとの出会いも、お友達たちと同じで、
はじめの出会い方でつまずいてしまうと、
その後のお友達関係が、上手くいかなくなってしまいます。

ピアノというガイドに合わせて、
正確にリズムをとることを重視しするよりも、
まずは、音楽という流れに身を任せて、
リズムにのるということをお子さん自身が、
自分で感じることが、大切だと思うのです。

つまり正確に合わせることよりも、
自分のリズムで動くこと
が大切ということです。

ドはドと、ドミソはドミソと教えるのではなく、
その響きを感じて、その響き方をたくさん、
まずは心に留めていくことが、大切だと思うのです。
それらが十分でないのに、
音名はじめ、和音やその働きを先に頭で覚えてしまうと、
音を記号としてとらえるようになり、
音楽の展開を頭で予測するようになります。
しかし心にある音の響きが多彩であれば、
表現も多彩になります。
感じ方も多彩になります。

つまり音名や和音を学習する前に、

出来るだけ多くの、

音の響きそのものをたくさん経験する

ことが大切と言うことです。

決められた楽譜を用いてリトミックレッスンをするのと、
即興演奏でリトミックレッスンをするのと、
どう違うのかと言うと、
決められた楽譜であると、その楽譜に合わせて先生は伴奏し、子供も合わせます。
つまり楽譜に合わせているのです。
(※厳密にはそうではありません。最後に説明があります。)

一方即興演奏は、
合わせたくても、譜面がありません。
では先生の演奏に合わせているのかというと、そうでもありません。
即興演奏は、

音楽の意志そのもの

に合わせているのです。
演奏がはじまれば、そこには音楽の意志が誕生します。
それが即興演奏であると、奏者は音楽の意志に委ねて演奏します。
この時子供たちも、先生の演奏に合わせているのではなく、
一緒に音楽の意志に合わせているのです。
つまり先生も子供たちも、

音楽の意志を中心に心を一つにして、音楽を創っているのです。

意志を正しく受け取っているは、
お子さんたちである場合が多くあります。
音と動きがずれた時、
ピアノに合わすことがいつも正解ではありません。
正しく動いているのはお子さんの方で、
より音楽の意志に耳を傾けなければいけないのは、
先生かもしれませんね。

楽譜に限らず、メトロノームなどもそうですが、
予め用意したものに合わせることは、学習、練習に向いています。
言うなれば、受け取った音に磨きをかけていくためのものです。
音楽の意志を実感し、音たちそのものと純粋に出会うのであれば、
音やリズムが予測不能である即興演奏は、とても良いと思います。

私たちは、お子さんたちにこのように、
音たちと出会って欲しいのです。
音楽の意志に、心と体を委ねて楽しむということを、

この時期にたくさんして欲しいのです。

もちろん、楽譜の演奏に音楽の意志が無いなんてことは無いです。
その曲の作者もまた、音楽の意志に従ってその曲は創ったはずです。
その意志を受け取り一体となって演奏すれば、すばらしい授業になります。

即興演奏であると、もっとそれを実感出来ると、
私たちは考えています。

この時期にグループレッスンで行う「プリーズ・プリーズ」は、
お子さんたちにとって、
即興演奏を通して音楽の意志を感じ、ありのままの音たちと出会う、
絶好の機会となることを私たちは願っています。
こども音楽夢大陸「ワン・ハート」の元のところにもどります
リトミック講師 小柳妙子
リトミック講師 小柳妙子
リトミック講師 上野知己
リトミック講師 上野知己
ピアノ講師 菊地沙織
ピアノ講師 菊地沙織
ワン・ハート リトミック教室のブログ
視力障害者の方へ
本ホームページは出来るだけ音声ブラウザに配慮したホームページになっていますが、それでも文字が小さくて見づらいコンテンツがあります。その場合には、ウインドウズPCは、「Windows」+「+」キーで、MACは「command」+「+」キーで文字を拡大(縮小の場合は−)することができます。分からなければ電話でご説明します。
TEL.03-3559-0037まで
聴力障害者の方へ
電話でのお問い合わせ時に、聞きとりにくいと感じたときは、その事をおっしゃってくださいませ。もっと大きな声でご説明させて頂きます。
四肢障害の方へ
メール、フォーム等でお問合わせなどが大変な場合は電話にてお問い合わせくださいませ。